産毛の脱毛後に出る赤みの対処法

脱毛は濃い毛だけでなく、産毛にも効果があるものです。色が濃い方が短い期間で効果を実感できるのに対し、薄い毛はさらに時間がかかってしまいますが、スタッフに言われたとおりに施術を受けていけば、満足できる結果が得られるようになります。

そんな産毛を脱毛したあと、光やレーザーの熱によって肌に赤みが出ることが多いです。これはほとんどの人に出る症状なので慌てる必要はありませんが、そのあとの対処法で症状が改善するスピードに差が出てきます。赤くなるのは熱をもっている状態でもありますので、熱を下げるために冷やすようにすることが大事なのです。

このとき注意したいのは、肌がとてもデリケートになっているため刺激を与えないようにすることです。敏感肌のためのローションを肌にやさしくつけて保湿を心がけていれば、赤みやそれに伴うヒリヒリ感なども次第におさまってきます。

サロンやクリニックによっては、施術後の赤みに対応できるよう、症状を鎮める塗り薬を渡されることもありますので、それも併せて使うようにします。ちなみに赤くなっているとき少し痒みを感じる人もいますが、そこで掻いてしまうと肌荒れや黒ずみを引き起こす可能性もありますので、それだけは避けることも重要です。